読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福井の求人倍率は東京より遥かに高い

久繁 哲之介著 競わない地方創生 人口急減の真実
アルビン・トフラーが1980年「第三の波」でプロシューマーについて次のように書いている。
商品や施設の満足度・利用頻度をたかめるためには、顧客のニーズや不満を把握することが必要不可欠である。顧客ニーズの把握は従来、アンケート等の方法で一方的に聴取していたが、今後(1980年以降)は顧客が商品・施設の企画に主役として参加する方法が主流になるだろう。
久繁氏は、自治体は、協働を強化した方がよい。なぜなら、自治体は、「遊び心」「当事者意識」「枠組みを変える能力」が欠如しているからと書いている。企業によっては、本社の所在地において、地方支社の求人も含めて一括して提出していることから、有効求人倍率は、就業地別とは異なっていた。
人口減少対策と地方創成は、政策の質より人の質が大切。市民の困りごとに世話を焼く事が重要だ。
久繁氏は、facebook上で「若者バカ者まちづくりネットワーク」というコミュニティを運営している。