読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百田尚樹 石平対談 「カエルの楽園」が地獄と化す日

 14億人の中国の生存空間が危ない。

 2007年の政府発表で全国660都市のうち511都市が水不足。水質汚染が深刻で、すでに2億人以上が安全でない水を飲み水を使っている。

 2013年の中国で、大気汚染を原因とする死者は91万6千人に及んでいる。

 その他にも、「水土流出」、砂漠化により中国人民は自国の外に自らの生存空間を確保する必要に迫られている。

 毛沢東は政権をとってから僅か1年の間に、反革命分子鎮圧運動で71万人を殺している。

 チベットウイグル、モンゴルへの酷い対応を考えると今後の中国の出方が非常に心配である。